10年近く投資を続けてきた管理人がどの投資がいいか徹底的に比較してみた

投資用硬貨 投資ブログ

投資って結局何が一番いいの?

私が今までやった投資について

※投資と言っていますがアフィリエイトやせどり等も含めて解説します。

投資というと自分の持っているお金を元手に増やしていくというイメージがあるかと思いますがブログアフィリエイト等では完全に無料ではじめることも可能です。

当然僕もブログアフィリエイトはやりましたが開設しては飽きて終わり、開設しては飽きて終わりを繰り返していました。

そこで気付いたのですが一度開設したブログは開設し続け、ジャンルを変えたとしてもブログ内のカテゴリを変更するだけにした方がいいのではないかと思います。

多分ですがその方がドメインが古くなるので多少はSEO的に有利になるはずだからです。

投資で勝てる人ってどんな人?

最近は投資で億トレーダーや億り人という言葉をちょくちょく聞くようになりましたね。

ではその様な人達はなぜ億を稼げるトレーダーになれたのでしょうか。

それはひとえに投資の勉強を誰よりも行い、負けることを恐れず、過去の値動きから今後の予測をたてて、自分なりの仮説を立てて、実行してきたからに他なりません。

もちろん本当に天才で直感や予測だけで勝つ人もいるでしょうが、そんな人外レベルの人は一旦置いときます。

じゃあ何故我々一般庶民が勝てずに退場していくかというと

とりあえず投資をはじめて、勝ったり負けたりをとりあえず繰り返し、対して勉強もせず、勝っても負けてもその場限りで終わらせて、表面的な勉強しかせず、投資よりも遊びや趣味に時間をかけて、負けることが怖くなり、であれば貯金して資金が減らなければいい、という消極的で楽な方へ流れてしまうからです。


話がいきなり逸れましたが、それでは私が今までやってきた投資を紹介していきます。(順不同)

・FX

・株

・バイナリーオプション

・せどり

・投資信託

・ロボアドバイザー

・ETF

・PTS

・PAMM

・ECサイト運営

・輸入転売

・オンラインカジノ

・ブックメーカー

・ブログアフィリエイト(googleアドセンス)

・ブログアフィリエイト(広告アフィリエイト)

・EA

・仮想通貨

・YouTubeアフィリエイト

・仮想通貨マイニング

・ビットコインアービトラージ

こうやってみると相当やってるな…

それではそれぞれについて解説する前にざっくりどういった投資方法か大別していきます。

資産運用

・FX

・株

・投資信託

・仮想通貨

・ロボアドバイザー

・ETF

・PTS

・EA

・PAMM

アフィリエイト

・ブログアフィリエイト(広告アフィリエイト)

・ブログアフィリエイト(googleアドセンス)

・YouTubeアフィリエイト

販売・転売

・せどり

・ECサイト運営

・輸入転売

ギャンブル

・オンラインカジノ

・ブックメーカー

・バイナリーオプション

その他

・ビットコインアービトラージ


ちょっと適当な部分もありますが、大体こんな感じかと思います。
ところで公務員って副業はダメだけど資産運用はやってもOKというのは本当なんですかね。

では一つ一つ解説していきます。

FX

概要

投資といえばコレ!といってもいいくらいの超有名な投資方法の一つです。

Foreign Exchange」の略で「外国為替証拠金取引」と言います。
2か国間の通貨を取引し、その差額分が利益もしくは損失となります。

かなり有名な投資ですがその反面、資金が溶けるだけじゃなく借金まで追う可能性があると勘違いしている人も多いのも特徴ではないでしょうか。

もちろん知識もなく始めれば想像以上に負けてしまい投資資金が0になるだけでなくマイナスになってしまう可能性は否定できません。

しかし投資初中級者くらいの知識を身に着ければ勝つ事は難しくても借金を背負うほど負けることはまず無くなります。

買いは家まで売りは命まで」という怖い格言の様なものまであるのである程度の知識を得てから着手する様にしましょう。

利益の獲得方法

FXで利益を獲得するためにはキャピタルゲインインカムゲインという2種類の方法があります。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは売買差益とも言い、FXで利益を伸ばしていくためには最重要なものです。

日本円で1ドル100円の時に1Lot(1万通貨)を購入したとします。

1通貨100円で1万通貨なので100万円です。
100円 × 10000通貨 = 1000000円

そして数日後に1ドルが102円になった時に売ったとします。

そうしたら100円で1万通貨購入していたので102万円となります。
102円 × 10000通貨 = 1020000円

その差額分(2万円)が利益となります。

この取引を繰り返していき、利益を上げていくのがキャピタルゲインです。

FXでより高い利益を上げていくためにはキャピタルゲインで如何にして損失を減らしていくかが肝となります。

インカムゲイン

FXでキャピタルゲインと並んでもう一つの利益獲得方法となるのはこのインカムゲインです。

インカムゲインはスワップポイントとも言われ、保持しているLot数に対して一定の金額がもらえる利益となります。

この一定の利益とは政策金利と言われ、取引国同士の政策金利率の差分をもらえるようになっています。

例えば日本円でアメリカドルを1Lot(約100万円)を購入した場合、

日本の政策金利は-0.10%

アメリカの政策金利は0.25%

差分は0.35%

となります。

この0.35%が年間のインカムゲイン(スワップポイント)となります。

そしてその計算方法は

1Lot(100万円) × 0.35% = 3500円

となり、1Lot保持しているだけで何もせずに1年で3500円をもらえる計算となります。

そしてこのインカムゲイン(スワップポイント)は1年間の特定のタイミングでもらえるものでなく、3500円を1年間(365日)で割って毎日もらえるという仕様になっています。

ですので

3500円 ÷ 365 = 9.58円

が毎日もらえます。

想定年率

1% ~ 15%

※あくまで想定ですのでマイナスになることも大いにあり得ます。
むしろ慣れないうちはほぼ確実にマイナスになります。

15%というのは相当レベルの高い個人投資家のレベルとなります。

はじめ方

国内、海外ともにFXをできる業者はたくさんありますが、

日本で有名なところですと

・SBI証券

・GMOクリック証券

・楽天証券

・外為ドットコム

海外で有名なところですと

・XM Trading

・HotForex

・GemForex

等があります。

いずれかの証券会社に口座を開設して入金してトレードを開始するという流れになります。

概要

FXと並んで有名な投資ですね。

はじめて投資をする時にFXか株かどちらにしようかと二択になるくらいメジャーですね。

主に東証一部や二部、JASDAQに上場している会社の株を購入し、その差額分が利益もしくは損失となります。

FXと違って信用取引は自分から申請しなければ行えないため、負けに負けても借金を背負うといったリスクは格段に低いので全くの初心者からしたらFXよりは安全な投資とも言えます。

ただFXと違い平日の9:00~11:30、12:30~15:00までしかマーケットが開いておらず、サラリーマンにはチャートに張り付いてトレードするのが難しいのは欠点です。

利益の獲得方法

株で利益を獲得するためにはキャピタルゲイン配当金株主優待があります。
(※株主優待は正確には少し違いますが)

キャピタルゲイン

株のキャピタルゲインもFXのキャピタルゲインと同じく、購入した金額に対して値上がった分の差益が利益となります。

ですので逆に言えば値下がってしまえばその分損失となってしまいます。

株は通常1Lot100株からとなっていることが多く、1株100円の株を購入する場合は

100円 × 100株 = 10000円

が必要になってきます。

そしてそれが105円となれば、10500円となり差額500円が利益となり、

95円になれば9500円となり、差額-500が損失となります。

やっていくと分かりますが、この計算はFXよりも非常に簡単です。

配当金

配当金は会社によってあるところと無いところがあります。

この配当金は年1~2回ほどあり、保持しているLot数に対していくら配当金として分配しますよ、というものになります。

例えば、

一株1000円の会社が1株に対して5円の配当金を3月と9月に割り振っていたとします。

そしてその会社の株を3Lot(300株)保有していた場合、

300株 × 5円 = 1500円

が、配当金として3月と9月の既定の期日に保持していれば1500円を合計で2回(合計3000円)もらえるという訳です。

株主優待

株主優待は正確には利益ではなく、うちの株を買ってくれてありがとうといった株主に対して還元するものです。

株主優待も配当金と同じであるところと無いところがあります。

株主優待は主にその会社やグループ会社で使える割引券や該当施設で使える優待券、QUOカード等様々です。

株主優待は保有株数に応じてもらえる内容が違うので調べてみると非常に面白いですし、ものによっては転売で利益を出すことも可能です。
(あまりいい方法とは言い難いですが…)

想定年率

1% ~ 100%超え

※あくまで想定ですのでマイナスになることも大いにあり得ます。
むしろ慣れないうちはFX同様ほぼ確実にマイナスになります。

配当金を配布していて、株主優待も行っているところを選びキャピタルゲインを狙わず長期保有を目的としていれば年率3% ~ 5% 位は狙えると私は思っています。

因みに株も年率10%を越せれるのは超々優秀なトレーダーのみです。

100%超えと書いているのは有名な機関投資家やIR情報や業界全体の動向などをしっかりと調べられる大天才のみです。

普通の人は数年はマイナスの期間が続くと思ってください。

はじめ方

国内の証券会社に登録すれば大体は取引ができる様になります。

証券会社により1株から取引できたり15時以降も取引できたりといった各社それぞれの特徴がありますので自分のスタイルに合った証券会社を見つけることがまずは第一となると思います。

・SBI証券

・GMOクリック証券

・楽天証券

・野村証券

投資信託

概要

投資信託とは投資家から集めた資金を運用の専門家が株や債券などを対象に投資、運用をする投資方法です。

そしてその投資で得た利益を投資額に対して分配する金融商品と言います。

投資信託はプロの運用に任せる形になりますので、そのプロのトレーダーがどんな投資商品を売買しているかは基本的に知ることができません。

しかし購入する際に金融商品説明欄があり、どんな商品を売買するかを大まかに知ることができます。

投資信託の良いところは日本の株や債券だけでなく、アメリカや先進国や発展途上国の株や債券にも投資している商品もありますのでグローバルな投資を試すことが可能です。

利益の獲得方法

投資信託で利益を得る方法はキャピタルゲインと分配金によるものです。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは株やFX等と同じく売買差益の事を言います。

ただ、投資信託は複数の商品を一つのパッケージの様な形にしているので今いくらか、10000円で何口分購入できるか分かりづらいところがあります。

なので投資信託を購入する時は何口購入する、ではなく何円分購入するとした方が分かりやすいです。

投資信託には基準額の様なものがあり、それが株の様に上下してその差益が損益となります。

そして10000円分購入するとしたら10000円以内で最大購入できる分だけを購入してくれます。

分配金

分配金とは株の配当金と同じようなものと思っていただければ問題ないです。

しかし株の配当金と違うのは、分配金のタイミングが金融商品によって異なるということです。

分配金は決算日というものが決まっておりその日に金融商品を保持していたら毎月(年12回)、4半期ごと(年4回)、半年ごと(年2回)、年1回のうちの該当するタイミングで分配金をもらうことができます。

もちろんそれぞれにメリット、デメリットはありますので自分の投資スタイルに合ったものを選ぶことが大事です。

想定年率

3% ~ 10%

基本的にプロのトレーダーの方に任せるので長期間で見たらマイナスになることはあまりないと思っています。

しかしあくまで投資なので絶対に負けないという事はないのでそのことは肝に銘じておきましょう。

はじめ方

国内の大手証券会社に登録すれば大体は取引ができる様になります。

・SBI証券

・GMOクリック証券

・楽天証券

仮想通貨

概要

仮想通貨は今や誰もが知っているビットコインの価格の上下によって売買を行い、その差益により損益が決定されます。

ビットコインはFXや株式、投資信託よりも値動きが激しく一気に利益を獲得できることもあれば一気にマイナスが発生してしまう可能性がありますのでその値動きには注意が必要です。

また、取引通貨はビットコイン以外にもありそれらはまとめてアルトコインと呼ばれています。

また、仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれていて 仮想通貨と暗号通貨は同じものと考えてもらって大丈夫です。

利益の獲得方法

仮想通貨の利益の獲得方法はキャピタルゲインが主となります。

他にもあるのですが結構細々となってしまうのでここではキャピタルゲインのみとします。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインはFX等と同じく価格が上下したらその差額分の損益が利益もしくは損失となるものです。

概要でも書きましたが、仮想通貨はFXや株よりも値動きが非常に激しいので注意が必要です。

ビットコインは基準価格は1BTCと表示されます。

仮想通貨取引所などで表示される価格はこの1BTCの価格となります。

1BTCは2017年12月に200万円を超えましたが、その後下がり続けて2018年12月頃には40万円以下まで下がりました。

そしてこの記事を書いている2021年2月頃は400万円を超えています。

想定年率

1% ~ 100超え

値動きの上下がとにかく激しいので購入するタイミング次第では大きな利益を上げることができます。

逆に言えばタイミングを誤るとマイナス100%となることもあり得ます。

はじめ方

国内もしくは海外の仮想通貨取引所に登録すれば取引を開始することが可能です。

私のおススメは海外の仮想通貨取引所です。

国内の仮想通貨取引所は取引のできる通貨が数十種類なのに対して海外の仮想通貨取引所は取引できる通貨が100種類以上あるので選択肢が広がります。

国内仮想通貨取引所

・BitFlyer

・CoinCheck

・GMOコイン

海外仮想通貨取引所

・Binance

・BITTREX

・Bybit

ロボアドバイザー

概要

ロボアドバイザーは投資会社にもよりますが、基本的には海外の複数の複数に投資する海外版の投資信託であるETFにAIを使用して機械学習しつつよりよい投資を自動で行う投資方法です。

このロボアドバイザーは証券会社であるSBIや大手通信会社のdocomo、楽天と超一流企業が運営していたり提携していたりするので海外ETFとはいえ非常に安心できる取引先と言えます。

そして投資方法については基本的にお金を入金すれば翌日か翌々日から自動で運用を行ってくれて損益をグラフで表してくれるのでいくらに対して現在いくらの損益となっているか一目で分かる様になっています。

利益の獲得方法

ロボアドバイザーはリスク許容度と呼ばれるポートフォリオを5段階で選択し、リスクに比例したリターンを期待できる最適ポートフォリオというものを組んで、最適ポートフォリオに合った株や不動産、債権等を購入してそれらを自動で運用してそれらの合計価格が上がれば利益となり、下がれば損失となります。

このポートフォリオに合った購入方法は常に最適化されるので昨日は株を30%、不動産を40%、その他を30%持っていたとしても今日は株を10%、不動産を10%、その他を80%と今その時に最適と思われるものを自動で売買してくれます。

そして複利運用も可能なので利益となった金額をそのまま投資資金にまわすことも可能です。

想定年率

3% ~ 10%

想定年率はリーマンショックやチャイナショック、新型コロナウィルス騒動で大きく上下することはもちろんあるので年単位で見ると+20%の年があったり、-10%の年があったりとするそうです。

そして数十年スパンでバックテストを行ったところ、最終的な年利は7%前後となることが多いとのことです。
(WealthNaviについて始める前に調べたらその様な事がどこかに書かれていたと記憶しています。)

はじめ方

私がおススメするのは以下の3ヵ所のロボアドバイザーです。

・WealthNavi

・THEO

・楽ラップ

この中で WealthNaviはSBI証券、THEOはDocomoと提携しており、楽ラップは楽天証券が運営しています。

WealthNaviはWealthNavi単体でも登録できますが、SBI証券経由で登録した方がSBI証券の金融商品もまとめて取り扱えるのでお勧めです。

EA

概要

EAは「expert adviser」と言い、FXを自動で売買してくれるソフトやツールの事を言います。

EAはMT4やMT5と言ったFX専用のソフトをパソコンにインストールして、インストールしたMT4にEAを導入して運用する、といった方法が一般的です。

そしてEAにも相当の種類があるので、それぞれの提供元が推奨しているLot数やpips、損切りラインを設定して運用を開始し始めることとなります。

利益の獲得方法

EAの利益の獲得方法はFXと同じく買いや売りを行い、買いであれば価格が上がれば利益となり下がれば損失となります。

そしてその取引をEAのルールに則って自動で売買していきます。

当然100%勝つ事はないので勝率としては7割くらいになる事が多いと言われています。

想定年率

10% ~ 50%

勝てるEAの大体の平均年率は10%以上50%以内であることが多いと言われていますが、その真意については調べていないので分かりません。

ただしEAで運用するにあたり、注意しなければいけないことがあります。

調べていくうちにわかってくるのですが、たまに月利だけで50%や年利300%と謳うEAが宣伝されていることを見かけることがあります。

それらはもしかしたら本当にその通りのものもあるかもしれませんが、そう謳っているEAのうち99%はアフィリエイト目的の詐欺商品の宣伝である可能性が高いのでやるなとは言いませんがやる場合はしっかりと調べてから運用をするようにしましょう。

はじめ方

EAを始めるためには以下の手順で開設をする必要があります。

  1. 海外のMT4を運用可能なFX証券会社で口座を開設する。(海外の口座の方がEAの選択肢が広がるため)
  2. 開設したFX証券会社のMT4をダウンロードし、パソコンにインストールをする
  3. 使用したいEAをダウンロードしてくる
  4. MT4にEAを導入する
  5. 導入したEAをMT4内で運用方法を設定する

以上です。

少し面倒ですが上記の手順を踏み、運用を開始すれば後は仕事をしていても遊んでいても寝ていても勝手に取引をして成績の良いEAであれば知らぬ間に資産を築き上げてくれます。

・MT4を使用可能なFX証券会社

MYFX

XM Trading

TitanFX

HotForex

GemForex

ETF

概要

ETFはExchange Traded Fundと言い、日本語に訳すと上場投資信託と言います。

その名の通りざっくりと言ってしまうとETFは投資信託とほぼ同じです。

といっても管理人はETFをやりはしたけどイマイチ分からなかったのですぐ撤退したので詳しくは分かっていません。

なので概要だけ説明すると、投資信託の様に金融商品がいくつかありそのどれかを購入するというものになります。

そしてその金融商品には投資信託同様A社、B社、C社といった上場している会社の株を金額を決めた分購入してくれるというものになります。

そしてその金融商品の資産が上がれば利益となり、下がれば損失となります。

利益の獲得方法

ETFの利益の獲得方法はキャピタルゲインと分配金の2種類となります。

キャピタルゲイン

キャピタルゲインは投資信託等と同じく売買差益の事を言います。

ETFは複数の商品を一つのパッケージの様な形にしていますが、基本的な購入方法は株を購入するのと大きく違いません。

なのでETFは購入する時は成行や指値といった感じで株と同じ方法で購入する事が可能です。

そしてその基準価格が上がれば利益となり、下がれば損失となります。

分配金

分配金とは株の配当金と同じようなものと思っていただければ問題ないです。

しかし株の配当金と違うのは、分配金のタイミングが金融商品によって異なるということです。

分配金は投資信託と似たような感じで決算日というものが決まっておりその日に金融商品を保持していたら毎月(年12回)、4半期ごと(年4回)、半年ごと(年2回)、年1回のうちの該当するタイミングで分配金をもらうことができます。

もちろんそれぞれにメリット、デメリットはありますので自分の投資スタイルに合ったものを選ぶことが大事です。

想定年率

0% ~ 100%超え

基本的に投資スタイルは株を購入するのと変わらないため、上がる金融商品を買い続けられれば利益を大きく伸ばしていける可能性があります。

ただし株やFX同様に年率10%以上の利益を出そうと思ったら相当の勉強と損切りをする勇気が必要となります。

はじめ方

ETFを始めるには大手の証券会社に登録する必要があります。

主に株やFX、投資信託を扱っている証券会社であれば大体の場所で取引を行うことができますが、たまに取り扱っていないところもありますので注意が必要です。

ETFを取り扱っている証券会社

・SBI証券

PTS

概要

PTSは株の取り引きの一種なので株取引を行っている方にはわかりやすい取引と言えます。

PTSは 9時 ~ 15時までしか開いていない取引所に対して、8:20 ~ 16:00と16:30 ~23:59まで開いている株の取引所です。

なので昼間は普通にサラリーマンとして働いている方でも夜の取引所が開いているので帰宅後に取引できるのが魅力です。

なので昼間は普通にサラリーマンとして働いている方でも夜の取引所が開いているので帰宅後に取引できるのが魅力です。

ただし、取引できる銘柄は限られていたり昼間の取引ほど流動性が高くないため大幅な値動きがないのでストップ高等は狙いにくいものがあります。

利益の獲得方法

株と同じくキャピタルゲイン(購入した銘柄の売買差益)と配当金と株主優待を得ることが可能です。

ですので昼間の取引に比べて銘柄が少ない、流動性が低いといった以外は変わりなく取引を行えます。

想定年率

1% ~ 20%

昼間に比べると流動性が低いのでやはりその分利益率は低くなります。

といっても上手く取引できる方はそれでも高い利益率を出せますし、勝てるようです。

更にPTSのメリットは通常より早いもしくは遅い時間から取引できるので翌日の値動きを想定できれば早い段階から株を仕込んで売り抜けるという事もできるので株に慣れてきたら手を出してみると面白いかもしれません。

はじめ方

PTS取引を始める場合はPTS取引を行える証券会社に登録する必要がありますが、証券会社によってはPTSを取り扱っていないところもありますので注意が必要です。

PTSを取り扱っているところ

・SBI証券

ブログアフィリエイト(広告アフィリエイト)

概要

ブログアフィリエイトは副業をやろうと思った方がまずは一番最初に手を出すものではないでしょうか。

そしてはじめては止め、はじめては止めを繰り返すものではないでしょうか。

というのもはじめるのもやめるのも簡単なのでとりあえず始める、集客全然できないから飽きるを繰り返すのだと思います。

というのもはじめるのもやめるのも簡単なのでとりあえず始める、集客全然できないから飽きるを繰り返すのだと思います。

さてそんな広告アフィリエイトの方法ですが、A8.netやafbといったアフィリエイトサイトに登録してそこに広告登録している会社の広告をブログに貼り付けて、その広告を経由して商品を購入や登録などをしてくれたら報酬が発生するというものです。

利益の獲得方法

ブログアフィリエイト(広告アフィリエイト)の利益の獲得方法は広告収入が主となります。

この広告収入は私は投資関連のブログを書いていますが、その投資先であるGMOクリック証券やSBI証券の広告を貼ってその広告を経由して登録してもらえたら会社から報酬が支払われるという形になります。

想定年率

0円 ~ 1000万円超え

アフィリエイトは年率とはちょっと異なるので想定利益として話をします。

1000万というのは超々有名ブロガーやビッグワードで最上位に表示されるくらいのブロガーの方ですのでそこに至るのはほぼ無理だと思ってください。

そしてよく言われるのは月5万円を得られるようになるのはブログを開設してから早くて1年後くらいとのことだそうです。

そのくらい長い道のりなのでネタがなくなったり、収益を得る前にあきらめてしまう人が多いそうです。

そして月5000円以上の収益をあげらえる人はブログアフィリエイトをやっている人でも3%に満たないとも言われているそうです。

なので1記事のボリュームは少なくてもいいから、なるべく毎日、カテゴリは絞って、重複しない記事で、回遊がしやすい、見やすいサイトを1年以上継続すれば利益を得られるようになるのではないか、とのことです。

はじめ方

無料ブログを開設してそこに広告を貼るか、レンタルサーバーを契約してワードプレスでブログを開設してそこに広告を貼る方法が一般的です。

無料ブログ

・Livedoorブログ

・はてなブログ

・amebaブログ

・Seesaaブログ

レンタルサーバー

・XSERVER

・さくらサーバー

・ロリポップ

GoogleAdsense

概要

GoogleAdsenseはグーグルが提供している広告でブログなどに貼り付けられているものになります。

先に書かれている広告アフィリエイトと何が違うの?という方もいるかと思いますが、実は違いはほとんどありません。

提供元がグーグルかアフィリエイトサイトかの違いの様なものです。

強いてあげるのであればアフィリエイトサイトは広告を貼り付ける場所やどんな広告を貼り付けるかを自分で決めるのに対して、GoogleAdsenseはブログのソースコードを自動で解析して最適な場所に広告を貼り付けてくれるという違いがあります。

更にGoogleAdsenseはPCでもスマホでも広告のサイズを自動で最適化してくれるので手間が少ないというのも特徴です。

利益の獲得方法

GoogleAdsenseの利益の獲得方法は広告アフィリエイトとほぼ同じですが、広告アフィリエイトは広告をクリックして、そこから商品を購入したりサイトに登録したりしてようやく報酬が入るというものなのですがGoogleAdsenseはものによってはクリックされただけで報酬が入るというものもあります。

想定年率

GoogleAdsenseは元手がかからないので年率ではなく想定利益として話をします。

0円 ~ 100万円以上

GoogleAdsenseは訪問者が広告をクリックしてくれれば報酬が発生するので、とにかくどれだけサイトに人が来て、来てくれた人が広告を押してくれるか、というものです。

はじめ方

GoogleAdsenseは通常の広告アフィリエイトより手間がかかります。

まず、GoogleAdsenseを開いて申請を行い、そうしたら入力した住所にGoogleから認証コードが書かれたものが郵送されてくるのでその認証コードを入力して開設するという流れになります。

そして注意することもあります。

GoogleAdsenseは一度申請した再申請ができません。

なので申請する場合は滅多に使わないアカウントで申請するのは控えた方がいいかと思います。

YouTubeアフィリエイト

概要

もはや誰もが知っていると言っても間違いはないYouTube。

そのYouTubeのアフィリエイトです。

YouTubeははじめるのは簡単ですが収益を得ようとするとなかなかに難しいものがあります。

というのも二つの壁があるからです。

その壁というのは

チャンネル登録者数1000人以上

過去12ヶ月間の視聴時間が4000時間以上

です。

質が良くて面白いもしくはためになるチャンネルであれば3ヶ月もあればチャンネル登録者数は1000人を超えると言われていますが、そんなチャンネルをそうそう作れるとは思えません。

また、視聴時間4000時間も1月に換算すると330時間以上と、1本10分の動画で最後まで見られることなく平均視聴時間3分と考えると、ひと月で6600回、1日に換算すると220回見られなければいけない計算となります。

自分で書いてて思ったのですが、視聴時間の方なら長く続けられれば意外といけそうな気がしてきました。

利益の獲得方法

私はYouTubeで収益を獲得できるようになるまでに至りませんでしたが、YouTubeで収益を獲得する方法は主に2種類と言われています。それは

・視聴数(時間)に応じて報酬が発生

・動画視聴中に流れる広告で報酬が発生

の2種類と言われています。

ただしYouTubeは規制が厳しく、著作権や公序良俗に反するものがあるとその動画、最悪はチャンネル全体で報酬が発生しなくなるので注意が必要です。

想定年率

0円 ~ 1000万超え

ネットでちょくちょく調べているとチャンネル登録者が1万人を超えてるくらい人気のユーチューバーは月収で100万を超えると言われています。

とするとチャンネルが10万人を超えてると月に1000万超えるのでしょうか…

ある意味一番手軽に始められて一番夢を見れる副業かもしれませんね。

はじめ方

YouTubeは始めるだけなら非常に簡単です。

Googleのアカウントを取得してYouTubeに動画を投稿すればそれだけでYouTuberになれるからです。

しかし、そこから収益を得ようとする場合や長い動画を投稿する場合は色々と手続きが必要になります。

収益を得ようとする場合は Google Adsense という広告配信サービスと連携する必要があります。

そして15分以上の動画を投稿する場合はSMS認証を行う必要があります。

この二つの審査に通ってようやく収益を得られる準備が完了となります。

せどり

概要

せどりは副業を始めようと思った方がブログアフィリエイトと同じくらい高確率で手を出すものではないでしょうか。

せどりとは簡単に言ってしまうと

安く仕入れて高く売る

だけです。

こうやってみると簡単そうですが実はこれがなかなか難しいです。

通常の店舗は卸先から安く購入して販売することができるので成り立つのですが個人でそれをやろうと思うとかなり難しいです。

なのでせどりで多いのがハードオフ等で中古品を買ってきて、メルカリやヤフオク等に出品するのが一般的となっています。

最近では楽天 ←→ amazon ←→ YAHOO!とのそれぞれで差額のある商品の安い方を購入して高い方で売るという方法もあります。

利益の獲得方法

購入してきた商品と自分が販売する価格の差額が利益となります。

ただしその差額だけが利益となる訳ではありません。

想定年率

0円 ~ 100万円

せどりは年率とはちょっと異なるので想定利益として話をします。

差額以外に

・出品するプラットフォームの手数料

・送料無料にする場合は送料

・梱包資材代

と差額以外に費用が掛かってくることを覚えておかなければいけません。

3000円で購入してきて最終的に900円(30%の利益)を得る場合はいくらで売ればいいかをシミュレーションしてみましょう。
(送料は出品者負担でヤマト運輸の80サイズ、大阪 → 東京 へ送る場合とします。)

商品購入代金:3000円

出品手数料:10%(販売額の)

送料:1260円

梱包資材代:100円(段ボール、ガムテープ、緩衝材)

とした場合は5800円で860円の利益、5900円で950円の利益となります。

計算方法:

5900円 – ((5900円 × 10%) + 3000円 + 1260円 + 100円) = 950円

はじめ方

メルカリやヤフオク等の個人でも出品できるオークションにアカウントを作成。

販売したい商品をどこかから仕入れてくる。

作成したオークションアカウントに出品。

これだけではじめることができるので、非常にお手軽に始めることができます。

ECサイト運営

概要

ECサイトの運営は難しそうに見えて実は意外と簡単です。

ただ、大手ショッピングモールに出店するためには月額で数万~数十万かかるので利益の少ない初期の頃は月額無料で出店できるモールを選ぶことをおススメします。

なお、大手ショッピングモールの中でamazonは月額無料で出品することができますし、利用者も多いのでECサイトを運営しようと思うのであれば出店できるように手続きをすることをおススメします。

利益の獲得方法

せどりと同じく仕入れ値に手数料や送料等を上乗せした差額分が利益となります。

せどりでは中古品や身近なものを仕入れて売ることが多いかと思いますが、ECサイト運営はほぼ新品を出品することが多いので仕入れサイトを見つけることも重要です。

仕入れサイトはネットで検索すればすぐ見つかりますが、仕入れ値がそのままショッピングモールの値段で販売されていたりすることがあるので差額のあるものを見つけることが重要です。

想定年率

0円 ~ 1000万円以上

ECサイト運営は年率とはちょっと異なるので想定利益として話をします。

「利益の獲得方法」欄でお伝えしましたが、

販売価格 – (仕入れ値 + 送料 + 手数料 + 雑費) = 利益

となります。

はじめ方

まずは利用するプラットフォームであるショッピングモールを決める必要があります。

ショッピングモールには色々と特徴がありますが、まず気に掛けるところは月額料金が有料か無料かといったところでしょうか。

後はCSV等で商品を一括で出品できたりとか、HTMLを直接編集する必要があるか、等と自分がどうやってショップを作り上げていきたいかをイメージしながら使用するショッピングサイトを選ぶ必要があります。

ショッピングモール紹介

Amazon

カラーミーショップ

MakeShop

STORES.jp

BASE

バイナリーオプション

概要

バイナリーオプションとはFXの一部機能を使った投資方法です。

しかし投資と言ってもギャンブル性が高いのでギャンブルカテゴリに入れました。

やり方はとても単純で現在の通貨価格から上がるか下がるかを予想するだけです。

提供業者にもよりますが、30秒、1分、3分、5分、10分、15分、1時間、数時間、1日、とかなり幅広く掛けることができるのが特徴です。

今の価格から上がるか下がるかを予測するだけなので非常に簡単でかつ結果もすぐ分かるので一世を風靡したといってもいいくらい一時人気が出ました。

その一方で大敗する人が続出してしまい、日本では既に規制されてしまっています。

利益の獲得方法

現在の価格から上がるか下がるかを予想し、当たれば賭けた額の1.5倍~2倍になって払い戻しがされます。

そして負ければ賭けた金額が没収されます。

基本的には期間が短い時間ほど払い戻し金額が高く、期間が長いと払い戻し金額が低く設定されます。

というのも払い戻しまでの時間が長いとその分予想がしやすくなる、というためだそうです。

想定年率

0% ~ 100%超え

持っている金額以上を賭ける事はできないので借金を負ったり、マイナスになったりという事にはならないのは唯一安心できる点ではないでしょうか。

しかしそのスピード感のあるギャンブル性故にあっという間に資金が底をついてしまう事もありますので感情に振り回されずに賭けていくことが重要です。

はじめ方

現在は日本ではバイナリーオプションをできることろはないので、海外の口座を開設するしかありません。

しかし、昨今はサイトが日本語対応していたり日本人のサポートがあったりする業者もあるのでやりやすい環境は整っています。

バイナリーオプション業者

・ハイローオーストラリア

・ザ・オプション

・ファイブスターマーケッツ

オンラインカジノ

概要

オンラインカジノはその名の通りオンラインのカジノです。

会社によって異なりますがカジノの有名なゲームであるスロット、バカラ、ルーレット、ブラックジャック、ホールデム、シックボー等の一通りのものは揃っています。

そこにそれらのものに会社オリジナルのルールを加えたりマイナーなゲーム等を置いたりして他社との差別化をしている様に見えます。

利益の獲得方法

カジノですのでゲームをして勝てば利益が出て、負ければ損失が出ます。

どのカジノにも共通して言えるのですが、ミニマムベットとマックスベットが決まっています。

カジノにもよりますがルーレットだとミニマムベットが0.01ドルからベットできるところや1ドルからしかベットできなかったり、マックスベットが10ドルだったり500ドルまでベットできるところと様々なので自信に合ったカジノを選ぶようにしましょう。

想定年利

0% ~ 100% 超え

カジノですので勝てば勝つほど利益が増えて資金が増えて、負ければ負けるほど損失が増えていきます。

ゲームによって払い戻し額が異なりますので勝てるゲームや得意とするゲームを行うことが肝心です。

はじめ方

オンラインカジノに登録して入金をし、入金額が反映されれば即座に開始することが可能です。

ただし、日本ではカジノは禁止されていますので必ず海外のオンラインカジノに登録することとなります。

そして非常に肝心な事があり、ほぼ全てのオンラインカジノでクレジットカードによる入金ができません(2019年頃はそうでした。2021年の現在は試していないので分かりません。)

なので海外送金やPaypal等の送金サービスなどを使うなりして入金する必要があります。

有名なオンラインカジノ

・vera&john Casino(ベラジョンカジノ)

・William Hill Casino(ウィリアムヒルカジノ)

・EuroGrand Casino(ユーログランドカジノ)

・Zipang Casino(ジパングカジノ)

ビットコインアービトラージ

概要

ビットコインアービトラージと言っていますが大きく括りすぎてしまい、更にビットコインのアービトラージは2019年後半頃から出てきたのでまだまだメジャーな投資方法とは言えません。

そしてハイプ案件も多かったり、ポンジスキームと呼ばれる投資した金額を持ち逃げされてしまったりとリスクもあるのが現状です。

もしやるのであれば既にやっている人の情報を見たりしっかりと調べる必要があります。

投資方法としては資金を入金してしまえば後は勝手に運用をしてくれるだけなので、自分で特に何かをやるという事はあまりありません。

そしてビットコインアービトラージとは複数ある仮想通貨取引所の売りと買いで差額がある通貨を同じタイミングで売買することでリスクなく利益を獲得することが可能となっています。

利益の獲得方法

基本的には入金してしまえば後はほったらかしで運用してくれるので翌日に前日の結果を確認するくらいです。

場合によっては入金した後に運用してくれる商品やパッケージを購入する必要もあります。

想定年率

30% ~ 100% 超え

投資先によってかなりの差がありますが、どのサイトでも年利で言ったら数10%の利益を得られる投資先がほとんどの様です。

はじめ方

まずは投資先を見つけることが肝心です。

海外のサイトがほとんどですが日本語化されているサイトも結構あります。

SNSで探してみると日本人の方でやっている方は結構見かけるのでそういった方の情報を参考にすると比較的見つけやすいです。

私が現在やっているのは

・QubitTech(キュービテック)

・GIB(Global Investment Bank)

・AlphaRoc(アルファロック)

の3つです。

ただしAlphaRocはポンジスキームの可能性が高そうなので多分資金を取り返せることはなさそうです。

キュービテックはこちらから登録と確認ができます

キュービテック

キュービテックの過去の収益は以下より確認いただけます。

キュービテックの1日ごとの収益は以下で公開しています。

日々の収益 - キュービテック : ハイプ案件を実際に投資して運用した結果を大公開
キュービテック、GIBといったハイプ案件に投資しています。 HPではFXのEAや仮想通貨取引等の収益も公開しているのでぜひそちらもご覧ください

GIBは出金方法が少し面倒くさいので今はあまりお勧めができません。

GIB

コメント